Skip to content

今の彼に結婚を意識させる方法

高望みはせずにはじまった彼との交際。性格も生活スタイルもばっちりあっているし、容姿にも収入にも不満はない。付き合ってもうしばらく、一向に彼からプロポーズの気配はなし。仕事が忙しいみたい。今すぐ籍を入れたいわけじゃないけど、このままで大丈夫かな?という人はまず相手に「二人での暮らし」を意識させることから始めてみましょう。

相手との関係を見直す

といってもいきなり距離を置いたりすることではありません。自分の夢や仕事面などの人生設計と照らし合わせて、二年後、三年後、ずっと一緒にいたい人なのかどうか、もう一度じっくり考えてみましょ。スピード婚はケガのもとです。二人の出会いが、お互いにとって最後の恋で、それこそが永遠の愛だったということをここでしっかり確認しておきましょう。

彼には夫婦になる気があるのか?

普段の二人の過ごし方はどうでしょう。付き合い始めのころの休日は二人で遊びに行ってたけど、最近は忙しく仕事をこなしてきた彼を癒してあげられるように、それこそちょっとした同棲感覚でお家デートをして……新婚みたいだけど、それが少しいきすぎてて、「今更籍を入れるなんて」という状態に陥っている人も多いでしょう。でも、自宅デートができるような関係なら「奥さんにしたい、かも」ぐらいの意識はされているはずです。

じゃあ彼はいつ籍を入れてくれるのか?

あなたのタイミングが彼のタイミングと一致しているとは限りません。仕事がものすごく忙しくて心がすり減っているときに「ねぇ、私と夫婦になってよ」と言っても、「また自分の責任が増えるのか」と憂鬱な気分にさせてしまうだけです。これはあなたを愛していないわけではなくて、彼の心と体に、他のことを考える余裕がないのです。

具体的すぎる!意識させ過ぎないブライダル系女子

理由はないけど決意できないタイプの彼を決意させるにはきっかけが必要です。彼の気持ちに余裕が生まれた頃を見計らって結婚を意識させる具体的な方法として、ブライダル式場探しに訪れてはいかがでしょうか。将来についてのはっきりしたプランがなくても、きれいなウェディングドレスや式場を見ながら、無料でケーキやドリンクを試食できるところもあります。

非日常感がありながらもお金をかけずに楽しめる場所として、隠れた人気があります。ちょっとだけ強引に引きずっていくと、案外勝手にその気になってくれるものです